色々なリフォームのクレーム・不満

予算オーバーしてしまった・・。

リフォーム工事においては、予算オーバーになってしまうケースはいくつかあります。

まず、自分のリフォームに対して希望がハッキリしないために、アッチもコッチもと、リフォームする箇所が当初よりも拡がってしまって、結果的に当初の予算をオーバーしてしまうケース。リフォームをし始めた結果、家具やカーテンまでと、色々なものまで変えたくなってしまう・・なんてこともあります。
次には、床をあけたら床組みが腐っていたなど、どうしても必要な追加工事が発生してしまったというケース。
新築と違って、リフォームにはつき物です。 そうならないための対策としては、
追加工事となる場合は、その都度見積りを請求して、口頭ではなく、見積もりなども文書に追加工事内容を明記したうえで、内容契約するといったことや、または初めから予算に余裕を持たせる、などといったことで、リフォームの追加工事分の料金の増加に対応しましょう。

自分のイメージした通りのリフォームじゃなかった・・。 

「家は3回建てなおして、初めて気に入った家ができる」と、昔は言われたこともあるそうですが、実際の話、まずは住んでみないと分からないという点もあるでしょう。
ですが、せっかくリフォームしたというのに、自分の考えていたイメージと違う・・といったことになると、とてもじゃないけど、リフォームしても、あまり気持ち良く住めないかもしれませんね。

そうならないための対策としては、事前にショールームなどを見にいって、実物を実際に確認してみる、また、自分のイメージを、雑誌の写真などを使って、リフォーム会社の営業マンへと伝える・・などのことが大切です。
また、リフォームした最初のときは良くても、後々のメンテナンスが大変になった・・ということでは、リフォームしても意味がありません。
最初のリフォームの計画の段階で、ある程度は先のことも考えて、リフォームの計画を立てることも大切でしょう。

太陽光発電を取り入れたエコロジーな家へのリフォームもオススメですね。


Favorite

東京にある、医学部を目指す受験生専門の予備校です。少人数制でトータルサポート。

医学部 予備校 少人数 東京

神奈川県に住んでいる家庭教師情報が豊富です。

家庭教師 神奈川

横浜にある通いやすいオーダースーツのお店です。

オーダースーツを横浜で注文

Last update:2019/2/1

ページ上部へ戻る。